/

この記事は会員限定です

PayPay・LINEペイ、統合が迫る2つの課題とは

[有料会員限定]

Zホールディングス(HD)とLINEが、国内のスマートフォン決済事業を統合する。実現すれば国内登録者は合計約7500万人に上り、QRコード決済の一大陣営が生まれる。ペイペイの国内での地位は揺るがないようにみえるが、加盟店手数料の有料化と、重複する金融事業の整理が今後の課題になる。

「業界リーダーとしてペイペイが日本のキャッシュレス化を強くけん引していく」。1日の戦略発表会で、ZHDの川辺健太郎社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン