/

この記事は会員限定です

日本株に英ファンドの影 苦境深まり保有銘柄売却か

福井環

[有料会員限定]

英国市場の不安が日本株にも波及するリスクがくすぶっている。直近1週間で下落した銘柄をみると、多くは英国に在籍するファンドの保有比率が高い銘柄だ。国内投資家の間では、運用リスクを下げる英ファンドの動向が日本株の行方を左右するとの見方が出ている。

9月30日の日経平均株価は前日比484円(2%)下げ、およそ3カ月ぶりに2万6000円を割った。週間の下落幅は1200円を超えた。

今週下落が目立った銘柄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン