/

この記事は会員限定です

円、金利差相場に回帰 コロナ対応のドル退避和らぐ

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

円の対ドル相場が再び日米間の金利差に反応しやすくなってきた。昨年春の新型コロナウイルスショック後、市場参加者によるドルへの退避が加速。米国のゼロ金利政策復活で日米金利差が縮んでも、円相場と連動しづらくなった。だが米国経済の回復期待から「有事のドル買い」が和らいだことで、再び金利差を意識しやすくなっている。市場では米金利の上昇につれて円安・ドル高が進むシナリオを予想する声が増えている。

28日の東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン