/

この記事は会員限定です

「ジョブ型=成果主義」 日本に特有の誤解

[有料会員限定]

ポストコロナの働き方についてリクルートワークス研究所主任研究員の中村天江さんが解説します。

ジョブ型は処遇決定の個別化が本質

新型コロナウイルスの流行以降、テレワークが広がり、仕事相手の姿がみえない中で成果を出す必要性が高くなりました。このことも後押しとなり、ジョブ型雇用に対して「成果主義を強化できる」との期待を伺うことも増えています。

たしかにジョブ型雇用の職務記述書(ジョブディスクリプション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン