/

この記事は会員限定です

「動かぬ円」再び 貿易黒字拡大、日米金利差と綱引き

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

円相場の値動きが急速に鈍っている。年初から米長期金利の上昇による日米間の金利差拡大で円安・ドル高が進んだが、春以降は急ブレーキがかかった。背景にあるのは新型コロナウイルスからの経済再生に伴う日本の輸出拡大。貿易黒字に伴う企業などの円買い・ドル売りが膨らんだ。円相場の方向感を左右する金利差と需給の要因が「綱引き」をすることで、再びコロナ以前の「動かぬ円」の時代に戻りつつある。

企業の資金決済が集中す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン