/

この記事は会員限定です

社会人の学び、働き方に幅 支援制度も上手に活用

[有料会員限定]

内閣府が1月、リカレント教育(学び直し)が収入の増加につながる効果があるとの研究結果を公表した。「人生100年時代」の到来を控え、働く期間はこれまで以上に長くなる。日本では社会人が学ぶ機会が少ないと言われるが、様々な自己啓発を通じて新たな能力を磨けば働き方の選択肢は広がる。老後の資産形成にもプラスになりそうだ。

商社を辞め社労士に

東京都内にオフィスを構える社会保険労務士・ファイナンシャルプラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1993文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

キーパーソンへのインタビュー、現場のルポなどを通じ、お金や経済のことを考えるヒントや手掛かりをお伝えします。橋本隆祐編集委員が月一回執筆します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン