/

この記事は会員限定です

超金融緩和、日米欧の終わらぬ我慢比べ

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

カナダ銀行(中央銀行)が新型コロナウイルス対策で打ち出した大規模な金融緩和の縮小に乗り出した。コロナワクチンの普及が進むなかで、不動産価格の高騰を抑え込む狙いがあり、オーストラリアなど他の先進国にも緩和縮小を模索する動きが広がりつつある。だが日米欧の中央銀行は資産価格の過熱や経済格差の拡大といった副作用を警戒しつつも動けない我慢比べが続く。背景にはコロナ禍以前から緩和競争の原因だった為替相場への配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン