/

この記事は会員限定です

丑相場、モゥつまずかない コロナ禍に挑む3万円超え

[有料会員限定]

「2021年に株価が急騰する局面が来るようなら、日本株が世界の中で相対的にアウトパフォームする可能性がある」。世界最大の運用会社ブラックロックの日本株運用チームはいま、この見立てのもと、有望銘柄の選別に余念がない。

日経ヴェリタスが市場のプロを対象に実施し、69人が回答した恒例の新年アンケートでも、日本株の優位を見込む声が最も多かった。

新型コロナウイルスという未知の脅威に苦しめられた20年を経て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン