/

この記事は会員限定です

コマツ、電動建機で米社と提携 23年にも中小型量産

[有料会員限定]

コマツが電動建機の実用化に向け、電気自動車(EV)バス開発の最大手、米プロテラ社と提携したことが分かった。同社のバッテリーや周辺機器を採用し、今年にも主力の中小型建機の実証実験を始める。環境規制の強化で電動建機のニーズは高まっており、競合他社に先駆けて2023~24年にも量産化にこぎつける。

開発するのは、中小型と呼ばれる10~20トンクラスの油圧ショベルとみられる。3トンのミニショベルと呼ばれる建機で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン