/

この記事は会員限定です

損して学んだ「陶酔の罠」の避け方 投資家1000人調査

[有料会員限定]

「今年の稼ぎは海運株で十分と思っていたのが一転、損益はマイナス」。投資歴15年の個人投資家、ヒデゾーさん(ハンドルネーム)は悔しがる。

海運株に注目したのは、商船三井が2022年3月期の業績見通しを上方修正し、増配の方針を示した7月末。海運専門メディアの情報を確認しつつ、株価チャートが上昇トレンド入りを示すサインが出る度に買い増し、大きな含み益を得た。株価が2倍になった9月下旬時点でも、予想PE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5009文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン