/

この記事は会員限定です

株主へのプレゼント=優待 外食など活用も全体数は減少

いろはにマーケット(3)番外編

[有料会員限定]
株主優待とは、会社が株主への「プレゼント」として、自社製品やサービス券などを定期的に送る日本独特の制度だ。配当金と同じく株主が受け取る恩恵だ。会社にとっては自社の製品やサービスの良さを体験してもらう狙いがあり、外食や小売りなどBtoC企業が積極的に活用している。一方、株主には自分が応援する会社の製品・サービスが無料や低額で利用できるメリットがある。

例えば日本マクドナルドホールディングスは、「マク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン