/

この記事は会員限定です

設備投資銘柄は計画で買え(大川智宏)

〈プロの羅針盤〉智剣・Oskarグループ 主席ストラテジスト

[有料会員限定]

足元で、米国金利の上昇とともに金融市場が不安定感を増す中で、着実に経済の回復基調を描き始めている業種がある。製造業だ。米国の代表的な製造業の指標である耐久財受注額や、製造業の購買担当者のセンチメントを表すISM製造業指数もコロナ前の水準を回復してきている。見方を変えれば、これらの製造活動を活発化させるための設備の拡張需要も、同様に増してきている可能性が高いと考えられる。

また、日本でも製造業は徐々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2407文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

「プロの羅針盤」では、株式投資に大切な銘柄選びや、為替、債券を含めた相場の見方について解説。 企業価値の測り方やリスク回避などを、運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に向けてお伝えします。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン