/

この記事は会員限定です

株価を測るモノサシは? PERやPBRで割高・割安を判断

いろはにマーケット(5)

[有料会員限定]
株式投資の鉄則は「安く買って、高く売る」だ。買い時を探るには、株価の割安・割高を判断する視点が欠かせない。コカ・コーラの缶が1本50円なら安いし、300円なら高いと直感的に分かる。一方、コカ・コーラの株価が1株60ドル(約8000円)と言われても、直感的には高いか安いか分からない。投資家はどうやって株価の値ごろ感を判断しているのだろうか。

株価÷1株利益=PER、数字が大きいと割高

モノの値段で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン