/

この記事は会員限定です

日銀のETF購入に出口はない(藤田勉)

人生100年こわくない・地球株の歩き方

[有料会員限定]

日銀は上場投資信託(ETF)を年間5~10兆円購入しており、その残高は時価で50兆円近いと推測される。これは、東証1部の時価総額全体の7%に相当し、日銀は最大の日本株保有者である。これほどまでに巨額の株式を取得する中央銀行は、世界でも日銀だけである。

3月19日に、日銀は政策点検を公表し、年間6兆円の購入額の目安は削除したが、年12兆円を上限とするETF購入の方針に大きな変化がないことを確認した。以下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2731文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

人生100年の時代になりました。長い老後を楽しむために必要なお金をどう用意するか。年金や資産運用、世界全体を見据えた「地球株」投資の基本などを、各界で活躍してきた第一人者が語ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン