/

この記事は会員限定です

変わる「円安・株高」の常識 米金利や貿易構造に変化

[有料会員限定]

資産運用で円相場と株価の関係を考えるとき、「円安と株高は連動しやすい」という説明をよく耳にする。日本には自動車などの有力な輸出関連企業が多く、輸出代金が円換算で増える円安・ドル高が進めば、日本の株価も上がるという経験則だ。反対に円高が進むと、株価は下がりやすく、日本政府から円高を警戒する声が飛び交うようになる。だが新型コロナウイルスの影響で、こうした市場の常識は通用しなくなった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン