/

この記事は会員限定です

日銀ETFの「出口」、企業統治を左右(平山賢一)

東京海上アセットマネジメント執行役員運用本部長

[有料会員限定]

3月の金融政策決定会合を目途に日本銀行は、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の継続を前提にしながら、その運営や資産買入れなどの各種施策について点検を行います。

金融市場では、政策の効果と持続性を高めるため、ETFなどのリスク性資産の買入方針を、より柔軟なものに修正するとの見通しが強まっています。買入方針の変更とともに、その後の売却(出口戦略)をどのように考えていったらよいのかという関心も高まっています...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1746文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン