/

この記事は会員限定です

「資産形成層」の登場が投資を変える(野尻哲史)

人生100年こわくない・資産活用で笑おう

[有料会員限定]

前回の当欄で「2010年代半ばを境に投資をしている人の比率(投資家比率)が底入れし、反転し続けている」ことを指摘したところ、「背景を詳しく知りたい」との依頼をいただいた。

前回のポイントを改めてまとめると、以下の2点のようになる。

(1)日経平均株価と投資家比率の動きから考えると、10年代前半までは従来の「相場観で動く投資家層」が市場の中心だった。これに対し、10年代後半以降は、相場の変動にかかわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

人生100年の時代になりました。長い老後を楽しむために必要なお金をどう用意するか。年金や資産運用、世界全体を見据えた「地球株」投資の基本などを、各界で活躍してきた第一人者が語ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン