/

この記事は会員限定です

コロナ後の運用、動揺に備え 債券とドル建て商品に注目

[有料会員限定]

東京都に4度目の新型コロナウイルス対策に伴う緊急事態宣言が出された日本。だが市場は、すでにコロナ後の世界経済回復を見据えた取引にかじを切っている。個人はコロナ後の資産運用をどう組み立てればいいだろうか。カギを握るのは、3つのポイントを意識した分散投資だ。

経済正常化への転換期

1つめは金融商品の分散だ。コロナ禍という経験のない特異な環境は、市場の値動きも大きく変えた。原因は各国・地域の政府や中央...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン