/

この記事は会員限定です

世界の緩和マネーの流入先

[有料会員限定]

米ハイイールド債の利回りがじりじりと低下しています。米社債市場では2020年のコロナショック直後、運転資金を手当てするために主要企業が相次ぎ発行したため、夏にかけて発行額が急増しました。米連邦準備理事会(FRB)が大規模な資金供給を続けるなか、21年に入って発行ペースはいったん落ち着くのではないかと見られています。

米ムーディーズ・インベスターズ・サービスによると、北米ハイイールド債の発行企業の期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン