/

この記事は会員限定です

「利回り投資」最前線 低格付け債に強気マネー

[有料会員限定]

米長期金利の上昇が株式相場などに波紋を広げている。超低金利環境からの局面変化の兆しも浮かぶなか、個人投資家は利回り投資戦略をどう考えたらよいのか。今回は低格付け(ハイイールド)債の利回り投資の最前線を探った。

コロナ禍で発行額は過去最高、利回り4%台に低下

米長期金利の上昇は、利回り投資の対象となる各資産にも影を落とす。インカムゲイン狙いの各資産から米国債に資金を移す動きが広がり、値崩れにつながり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2134文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン