/

この記事は会員限定です

年内3万4000円 トップダウンとボトムアップで分析

〈マーケットつぶやき板〉秋野充成さん

[有料会員限定]

1987年に日本株のファンドマネジャーになり、その年の10月のブラックマンデーも含め今までポジションをもっていない日はありません。常にマーケットに居続けていることが、相場に対峙する上で大きな糧になっています。

相場全体や個別株について調査をして相場観をもつのはストラテジストやエコノミストと同じですが、相場観にあわせてポジションをもつのが運用者です。どれだけ精緻に分析しても、もうからなければ意味がな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン