/

この記事は会員限定です

私設取引システムPTS、にわかに脚光

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2020年は東京証券取引所以外での株取引がにわかに脚光を浴びている。東証が10月1日、システム障害で取引を終日停止する「事故」があったためだ。「PTS」など東証以外の取引の現状を知り、活用するための方法を読み解く。

10月1日、東証の取引が終日停止した突然のシステム障害。金融庁から業務改善命令を受けた東証の親会社、日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は「再びこのような事態が生じないよう全力を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン