/

この記事は会員限定です

社長と社員の報酬差、米は最大5294倍 日本は174倍

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

企業の経営トップと従業員の報酬格差が開いている。株価の上昇で株式型報酬が膨らむ一方、従業員の報酬は伸び悩んでいるためで、米国企業では最大で5294倍だった。一方、日本企業の最大は174倍だった。格差の広がりは社会の分断につながる。是正に向け企業との対話を始める投資家も出始めた。

最大は5294倍――。米企業の経営トップが従業員の給与の中央値より何倍多い報酬を受け取っているかを示す「ペイ・レシオ」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン