/

この記事は会員限定です

バイデノミクスは米国の傷を癒やせるか

[有料会員限定]

米国の首都ワシントン。市中を多くの警官が警備し、有名な観光地のワシントン記念塔は閉鎖されている。バイデン次期大統領の就任式が20日に迫るなか、華やいだ雰囲気はない。「米国の歴史を振り返っても、今回ほど困難な政権発足はない」。慶応義塾大学の渡辺靖教授はこう断言する。

苦境の船出 綱渡り続く

バイデン氏の大統領選勝利を認定する手続きの最中だった6日、トランプ大統領の支持者らが連邦議会議事堂を不法占拠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン