/

この記事は会員限定です

次の投資先を読み解くヒント

[有料会員限定]

マーケットとの我慢くらべになるのでしょうか。前日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の公開討議を受けて5日の東京株式市場では日経平均株価の下げ幅が一時600円を超えました。大引けにかけて下げ幅を縮小し、週間の騰落率はマイナス0.1%とほぼ変わらずでした。市場はパウエル議長が直近の金利上昇について具体的な策を打ち出さなかったと受け止めていますが、株価が歴史的な高値圏にある中でFRBも早々にカード...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン