/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言の効果検証へ 1日に専門家会合

[有料会員限定]

厚生労働省の感染症に関する専門家組織は1日に会合を開き、新型コロナウイルスの感染状況や医療提供体制を分析する。7日に期限を迎える緊急事態宣言の効果を検証する。政府は報告を踏まえて近く11都府県への宣言の延長や解除を決める。

厚労省の専門家組織「アドバイザリーボード」が地域ごとの感染状況について協議し、感染者数が減少傾向にあるかどうかを見極める。専門家の間では全面的な宣言解除は難しいとの見方が多く、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン