/

自公、医療費「2割負担」了承 

自民、公明両党は29日の与党政策責任者会議で、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法案を了承した。単身世帯で年収200万円以上、複数人世帯の場合は後期高齢者の年収合計で320万円以上を対象とする。

高所得者の児童手当の特例給付を縮小する子ども・子育て支援関連法案と、公立小学校の1学級あたりの上限人数を全学年で35人に引き下げるための義務教育標準法改正案も了承した。今国会に提出し、成立を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン