/

気候変動の有識者会議、31日初会合 座長に伊藤元重氏

(更新)
記者会見する加藤官房長官(26日午前、首相官邸)=共同

加藤勝信官房長官は26日の閣議後の記者会見で「気候変動対策推進のための有識者会議」を新設すると明らかにした。経済界の代表や気候変動の専門家ら10人で構成。座長に学習院大の伊藤元重教授が就く。31日に初会合を開く。

経団連の中西宏明会長、ソニーの吉田憲一郎会長兼社長、三井住友フィナンシャルグループの国部毅会長が参加する。東大の高村ゆかり教授らも名を連ねた。

加藤氏は11月に英国で開く第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)に言及したうえで「一連の国際会議を踏まえ、グリーン社会の実現に向け気候変動対策を分野横断的に議論してほしい」と語った。政府側から菅義偉首相のほか関係閣僚が参加する。

政府は2030年までの温暖化ガス削減の新たな目標を策定する。加藤氏は「削減目標を国際社会に示す時期も当然、議論していかなければならない」と言明した。決定時期は未定とも強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン