/

この記事は会員限定です

デジタル庁の民間人材、30人枠に応募1400人超

倍率は47倍超、4月から先行採用

[有料会員限定]

平井卓也デジタル改革相は26日の閣議後の記者会見で、9月創設をめざすデジタル庁の民間人材の募集に1432人の応募があったと明らかにした。競争倍率は47倍を超える。政府は30人程度を4月から先行採用するため、4日に募集を始め22日に締め切った。非常勤の国家公務員として採用する。

平井氏は「期待や関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン