/

公務員と民間接点「アイデア必要」 デジタル相

平井卓也デジタル改革相は24日の閣議後の記者会見で、菅義偉首相の長男らによる総務省幹部への接待問題に関し「夜に会食をしなくても民間との接点を厚くできるアイデアが必要だ」と語った。「若い官僚は霞が関にいるだけでは全く通用しない」とも述べた。

平井氏は民間企業から情報収集する必要性について言及した。「アンテナ高く情報を吸収し政策に結びつけられる人を育てる方法を考えるべきだ」と説いた。

政府が9月に発足するデジタル庁では民間人材を採用するなど官民交流を掲げる。平井氏は同庁向けに公務員の教育システムを用意する考えも明らかにした。「デジタル庁は許認可権限を持っているわけではない」とも強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン