/

気候変動サミットとは 中国の参加が焦点

きょうのことば

気候変動サミット 米バイデン政権が4月下旬に主催する温暖化ガスの主要排出国などを集める会議で、オンライン形式を想定している。バイデン氏は1月の日米首脳の電話協議で菅義偉首相を招待した。かつてオバマ米政権が主導した「主要経済国フォーラム」(MEF)のように中国が参加するかに注目が集まる。

脱炭素は2021年の国際会議の主要テーマだ。6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)、11月の第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は英国がともに主催する。欧州や国連は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を背景に、30年の温暖化ガス削減目標の強化を各国に訴える。

パリ協定に復帰した米国は4月の気候変動サミットで30年の計画を公表する方針とみられる。バイデン政権で気候変動対策を担うケリー大統領特使は「全ての国が11月のCOP26で野心を高めないと失敗してしまう。米国は全力を尽くす」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン