/

国内サーバーに32回アクセス LINEの中国関連会社

個人情報保護委員会は19日、LINE利用者の個人情報が中国の関連会社で閲覧可能になっていた問題に関し、技術者4人が日本国内のサーバーに計32回アクセスしたと明らかにした。関連会社側は中国政府への情報提供などは否定しているとも説明した。

個情委の福浦裕介事務局長が同日の衆院内閣委員会で立憲民主党の後藤祐一氏の質問に答えた。LINEの親会社のZホールディングスから8日に個情委に連絡があったと発言した。個情委は個人データの越境移転規制を適正に順守していたかを確認するため、18日に委託契約書の提出を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン