/

ワクチン接種「マイナンバーで管理を」 平井デジタル相

(更新)
平井デジタル改革相は新型コロナワクチン接種の管理について「国民唯一のIDであるマイナンバーとひも付けると間違いが起きない」と話した

平井卓也デジタル改革相は19日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種の管理にマイナンバーを活用すべきだと主張した。「国民唯一のIDであるマイナンバーとひも付けると間違いが起きない」と話した。

ワクチン接種を円滑に進めるための担当閣僚の河野太郎規制改革相と同日午後に協議した。

平井氏は記者会見で厚生労働省がワクチンの在庫管理や搬送に関するシステム開発を進めていると指摘した。その上で「接種に関する情報管理が重要になる局面では協力する」と語った。

特に副作用の管理が重要と述べ「誰にいつ何をうったかを確実に管理するのはマイナンバーしかない」と強調した。

政府はこれまで接種記録を自治体の台帳で管理・保存する方針を示してきた。平井氏は「接種の管理は自治体に任せるということだったのだろう」と振り返った。

「自治体が管理しつつ、どこかで国として全体管理すべきことだ」と訴えた。

ワクチン接種をめぐっては現行法でもマイナンバーの活用が可能だと説いた。「使わないのは不作為だ」とも言明した。

具体的なシステム開発の計画は未定としつつ、マイナンバーカードを使ったサービス「マイナポータル」を通した接種予約などの構想に言及した。

カードの普及には遅れがあるとして「最低限、マイナンバーとひも付けることが重要だ」と発言した。必要に応じて内閣官房IT(情報技術)総合戦略室などの人員を派遣可能との考えも示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン