/

この記事は会員限定です

看板政策、20~40代に照準 携帯値下げや不妊治療

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

16日に政権発足3カ月を迎えた菅義偉首相は携帯電話料金の値下げなど20~40歳代の現役世代に照準を定める政策で実績を上げつつある。独自の支持層をつかむ狙いが透ける。新型コロナウイルス対応は観光需要喚起策「Go To トラベル」の扱いなど感染拡大防止と経済の両立に腐心する。

15日の臨時閣議で決定した75歳以上の医療費窓口負担を2割に引き上げる措置。首相は同日の自民党役員会で「高齢者と若者が支え合う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン