/

札幌・大阪のGoTo停止継続に言及 経財相

(更新)
新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する西村経済財政・再生相(11日、東京都千代田区)

西村康稔経済財政・再生相は11日の記者会見で、国の観光需要喚起策「Go To トラベル」について、15日までを期限とした札幌市・大阪市での事業停止を継続する可能性に言及した。新型コロナウイルス対策分科会での提言や感染状況の評価を踏まえ、関係閣僚や知事と対応を協議する。

西村氏は「鈴木直道北海道知事、吉村洋文大阪府知事とも(事業停止を)延長する方向で考えているのではないか。そういった表明がなされているものと承知している」と述べた。政府は事業実施の判断は各知事の意向を尊重すると説明してきた。

分科会は感染が急増するステージ3相当の地域を感染者数の推移に応じて「拡大継続」「高止まり」「減少」に分け、「減少」以外の地域では「トラベル」事業などを一時停止するよう求める提言を出した。

西村氏はこれまでの対策の効果を「12月中旬に分析・判断する必要がある」と説明した。その上で「来週まで少し状況を分析する時間がある」と語り、提言を踏まえて各知事と対応を協議する方針を示した。

菅義偉首相は11日、首相官邸で田村憲久厚生労働相、赤羽一嘉国土交通相、西村氏と面会した。分科会の提言を受けてトラベル事業の対応を巡り協議した。

           ◇

政府は11日夜、「鈴木直道北海道知事、吉村洋文大阪府知事とも(事業停止を)延長する方向で考えているのではないか。そういった表明がなされているものと承知している」との西村氏の発言を訂正した。「現時点では北海道においては検討中で、事実関係に誤りがある」と説明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン