/

この記事は会員限定です

五輪向け入国管理システム、担当に木原補佐官

官房長官「関係省庁間の調整を」

[有料会員限定]

加藤勝信官房長官は9日の閣議後記者会見で、東京五輪・パラリンピックに向けて開発中の入国管理システムの担当に木原稔首相補佐官を起用すると明らかにした。「関係省庁間の調整にあたってもらう」と語った。同システムを活用した観客向けのスマートフォンアプリの開発も担うとみら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン