/

公明代表、丸川氏に苦言 選択的夫婦別姓めぐり

公明党の山口代表

公明党の山口那津男代表は8日、通信制のN高校で講演し、選択的夫婦別姓制度をめぐる丸川珠代五輪相の言動に苦言を呈した。「閣僚として国会で姿勢を示す場合には政府の幅広い考え方を基本に答弁してほしい」と述べた。

丸川氏は3日の参院予算委員会で、閣僚の立場で賛否の言及を避けたが、入閣前の個人的見解として「家族の根幹に関わる」とも話した。

山口氏は「公明党は一貫して選択的夫婦別姓に賛成だ。伝統的家族観だけにとらわれるのは時代の流れにそぐわない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン