/

この記事は会員限定です

駐米大使に冨田駐韓大使  バイデン新政権に人脈

[有料会員限定]

政府は杉山晋輔駐米大使の後任に冨田浩司韓国大使を充てる調整に入った。米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領の2021年1月の就任にあわせ交代させる。新政権と人脈をもつ冨田氏を起用し、緊密な日米関係を構築する。

米側の同意を得たうえで来年1月以降に着任する見通しだ。

冨田氏はオバマ政権時代の12年に駐米公使として米国に赴任し、13~15年に北米局長を務めた。バイデン氏はオバマ大統領の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン