/

この記事は会員限定です

公明「240万円こだわらず」 医療費負担増の線引き

[有料会員限定]

公明党の山口那津男代表は7日、75歳以上の医療費の窓口負担を原則1割から2割に上げる対象範囲について年収240万円以上とする案にこだわらない考えを示した。

政府・与党連絡会議後、首相官邸で記者団に「かたくなに240万円にこだわっているのでは必ずしもない」と述べた。「議論を尽くして合意を作るのは国民に対する責任だ」とも語った。

政府は高齢化で膨張する社会保障費を抑えるため、2022年度までに原則1割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン