/

この記事は会員限定です

デジタル庁人材、まず新興から 官民「回転扉」設計へ

関連法案が衆院通過

[有料会員限定]

デジタル庁設置などの関連法案が6日、衆院本会議で可決し、参院に送付された。政府は法案成立に先立ちスタートアップ企業出身の人材を中心に採用を決めた。政府システムに詳しい大手ベンダーからも集める方針で、官民を往来する「リボルビングドア(回転扉)」を可能にする制度を整える。

政府は参院審議を経て月内にも法案成立をめざす。デジタル庁は9月1日に創設する。非常勤職員を含め500人規模の組織とし、省庁の事務次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン