/

宣言解除「知事の要請最大限尊重」 官房長官

加藤勝信官房長官は2日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の解除判断に関し「都道府県知事から要請を受けた場合は最大限尊重する」と語った。現時点で知事からの要請はないと指摘した上で「要請に応じない場合は知事にその旨や理由を示す」との方針も示した。

1都3県の緊急事態宣言は7日に期限を迎える。埼玉県の大野元裕知事と千葉県の森田健作知事は1日、解除に慎重な見方を示した。

加藤氏は解除の要否判断について「自治体と緊密に連携して政府として検討していきたい」と述べた。感染状況や医療提供体制をもとに決める。

解除や延長を1都3県一体で判断するかについては「1つのグループとして運用してきた」と説明しつつ「当然その辺も含めて議論する」と言及した

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン