/

大阪・兵庫、変異型の感染率「著しく高い」 首相

菅義偉首相は1日夜、新型コロナウイルスを巡り、大阪府と兵庫県について変異ウイルスの感染率が「著しく高い」と言明した。政府は同日の対策本部で、両府県と宮城県に緊急事態宣言に準じる措置をとる「まん延防止等重点措置」の適用を決めた。首相官邸で記者団の取材に語った。

首相は緊急事態宣言の発出の可能性を問われ「緊急事態宣言に至ることを防ぐための、感染拡大防止を防ぐための措置だ」と強調した。

大阪や兵庫での再流行を抑えきれなかった責任に関しては「とにかく感染拡大を阻止することが一番大事なことだ」と述べた。緊急事態宣言を巡り、関西圏を2月末で解除した判断に関しては「当時は感染拡大者数も非常に少なかった。専門家の先生方にも相談した結果解除をした」と説いた。

営業時間を短縮した飲食店に支払う協力金については「国会審議の中で規模によってすべきだという話をいただいた。規模、売り上げなどを参考にしておこなうということで決めた」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン