/

この記事は会員限定です

再雇用賃金 納得重要に 名古屋地裁、減額で違法判決

[有料会員限定]

2021年春に施行される改正高年齢者雇用安定法で70歳までの就業確保が企業に努力義務として課される中、定年後の再雇用時にいくら賃金を支払うか頭を悩ませる企業は多い。10月には再雇用時の基本給が定年前の6割を下回るのは違法とする判決が名古屋地裁で下された。企業には労働者と十分に協議をかさねたうえで納得感のある賃金制度を構築することが今まで以上に求められている。

13年の改正法施行以来、従業員が希望し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン