/

この記事は会員限定です

変化の時代 助言で導く 21年注目の弁護士

企業法務・弁護士調査から

[有料会員限定]

社会環境が変化するなか、企業法務を担う弁護士の役割は増している。日本経済新聞社の第16回「企業法務・弁護士調査」で、活躍している弁護士として名前が挙がった4人に、各自の専門分野での課題などを聞いた。

西理広氏 M&Aで交渉役、投資規制にも目配り

M&A(合併・買収)において契約の締結や独占禁止法などによる当局の規制など、法的な問題はつきものだ。外国企業が関連する国際M&Aの場合、語学はもちろん、各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン