/

この記事は会員限定です

巨大IT規制、舞台は米国へ 寛容姿勢から転換

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

巨大IT企業「GAFA」の市場寡占について米国で厳しい視線が注がれている。これまで規制の中心は欧州だったが、この1年間、米国での動きが活発化している。規制当局からの提訴が相次ぎ、議会は立法へむけて動き出す。執行当局が複数存在することや政治対立の影響を大きく受けることから全体像がわかりにくい。これまでの流れと今後について解説する。

約20年ぶりのIT大手に対する巨大訴訟――。10月、グーグルと米司法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン