/

この記事は会員限定です

ミャンマーで納税、不買運動リスクに 法と民意の板挟み

[有料会員限定]

国軍によるクーデターが起きたミャンマーで、現地の日本企業などが、法と民意のジレンマに直面している。税務処理などで現地法に基づく対応を進めると、実権を握る国軍の資金調達につながる行為とみなされ、市民による不買運動などのリスクにさらされる状況だ。弁護士は「市民感情や国際世論への配慮と法令順守を両立させる、難しいかじ取りが必要だ」と警告している。

適法の納税なのにSNSで炎上

「従業員が『給与から所得税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン