/

この記事は会員限定です

企業が選ぶ弁護士 危機管理は木目田裕氏、M&A太田洋氏

20年 法務全般は中村直人氏 コロナ対応が共通課題に

[有料会員限定]

日本経済新聞社が実施した第16回「企業法務・弁護士調査」で、企業が選んだ弁護士をランキングしたところ、新型コロナウイルスの感染拡大で企業が抱えた課題に丁寧に向き合った弁護士が高い評価を得た。2020年に活躍した弁護士を(1)危機管理(2)M&A(合併・買収)(3)企業法務全般(M&A除く)――の3部門について、企業の法務担当者に2人ずつ選んでもらい、得票数を集計した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2879文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン