/

この記事は会員限定です

東芝買収、焦点は「誰のため」 企業価値向上の説明カギ

[有料会員限定]

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収提案を受けた東芝は、受け入れ可否の検討に入った。株式の非公開化を見据え、東芝側の一部は「アクティビスト(もの言う株主)との対立が解消し、経営が迅速になる」と歓迎する。一方で法律家からは「経営陣の自己保身との批判を招きかねない」との指摘もある。焦点は「誰のための買収か」だ。企業価値の向上を示す説明が求められる。

「自己保身」の指摘浴びる懸念

ビジネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2273文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン