/

この記事は会員限定です

契約書、2割が押印見直し 企業法務・弁護士調査から

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにリモートワークの障壁として注目を集めたのが日本のハンコ文化だ。押印のために出勤せざるをえないという声が相次いだ。日本経済新聞社の第16回「企業法務・弁護士調査」では、半数を超える企業が脱ハンコに取り組んでいた。

調査では、回答企業(213社)のうち57%(121社)が、新型コロナ対策に関連し、押印の廃止や削減をしたと答えた。社内文書と対外文書のどんな書類につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン