/

CPIの意味を3つのポイントで解説!

若手のうちに知っておきたいビジネス用語

①正式名称はConsumer Price Index(消費者物価指数)で、読み方はシーピーアイ。全国の家計が購入している商品やサービスの価格を指数化した指標で、物価の動きを測る物差しとして用いられます。指数には食料品や公共料金、通信費などが含まれ、総務省が毎月公表しています。価格変動の激しい生鮮食品を除いたベースのCPIへの注目度が高いです。

②物価が前年を上回って推移する状態をインフレーション、下回る状態をデフレーションと呼びます。景気拡大などで需要が拡大した場合、企業は値上げをしやすくなることからインフレに、不況になるとデフレに陥りがちです。CPIとは別に、企業間で取引される商品の価格動向を示すPPI(生産者物価指数)もあります。

日銀は2%の物価上昇率の目標を掲げ、大規模な金融緩和を実施しています。ただ、日本では物価の伸び悩みが続いており、日銀の金融政策の是非を点検する記事の中でCPIは登場します。物価が安定的に上昇する海外との差は、需要と潜在的な供給力の差を示す「需給ギャップ」です。規制緩和や産業政策などを通じた経済の構造改革を通じて、需要を拡大する政策が求められています。

音声で学ぶことができる用語解説はこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン